冬のクレンジング選びに迷ったら*

Brand

こんにちは!
メイクアップアーティストのLeiです。

新年明けましておめでとうございます😊
本年もどうぞよろしくお願い致します✨

本日はスキンケアです。

冬のお肌悩みNo.1といえば、やはり乾燥。

つっぱる・かさつく・メイクのりが悪いのは乾燥のサインです。

乾燥を防ぐためには保湿ケアはもちろんですが、まずクレンジングが重要です。

クレンジング選びを間違えるとお肌に必要な油分まで落としてしまったり、摩擦が強く乾燥が加速する原因に。

潤いを守りながら優しくメイクオフすることが大切です。

クレンジングタイプの特徴とともに、おすすめの3アイテムをご紹介します✨

【クレンジングバーム】

特徴:オイルベースだがとろみがあり摩擦が少ない。

洗い上がりもしっとり。メイクだけではなく、古い角質のごわつきもケアできる。

ウォータープルーフメイクもオイルほどではないが比較的落としやすい。
YSL
トップシークレット クレンジングバーム
125ml 5,800円

固形のクレンジング。スパチュラにとり肌にのせると、クリームオイルが体温でとろけるように広がります。
べたつかないのにしっとりなめらか肌に洗い上がる理由は、3種の植物成分(シアバター・オリーブオイル・ケルプエキス)が潤いを守りながら洗ってくれるからなんです。

毛穴の汚れやごわつく部分は、乳化をしっかり行いましょう。バームで柔らかくなった角質が、お肌から浮き上がりやすくなります。

フルーティフローラルのような甘い香りはお好みが分かれるかもしれませんが、クレンジングタイムにとても優雅な気分になれます。

W洗顔不要なのも便利です😊

こんな方に:毛穴のざらつき、乾燥でカサつく、ごわつく

【クレンジングジェル】

特徴:テクスチャーに厚みがあり、摩擦の負担が少ない。水性・油性などタイプによって洗浄力が異なる。

水性タイプはまつ毛エクステでも使用できるが、油性タイプはメイク落ちが良い。

シン ピュルテ
ピュア クレンジング クリア
120g 3,100円

美容成分93%でできた、油性タイプのクレンジングジェル。
一番のおすすめポイントは、やみつきになるほどのこっくり感。ついついクレンジング時間が長くならないように注意です。

しかし、短時間でもメイクなじみが良いのも特徴。
テクスチャーが軽くなってきたらメイクが浮いてきた証拠です。
乳化して洗い流せば洗顔不要。


洗い上がりはしっとりスベスベなのにべたつかなくて気持ち良いです。
香りもシトラスの優しい香りです。

私はジェルなら絶対これ!というくらい気に入っています。
こんな方に:乾燥による赤み、毛穴開き、インナードライ

【クレンジングオイル】

特徴:液状のオイルベース。ウォータープルーフなどのメイク落ちがスピーディー。洗い上がりは比較的さっぱりめのものが多い。

特にサラサラタイプのものは摩擦が強くなりやすいので冬は注意が必要。

THREE
クレンジングオイル
185ml 4,500円

空気中の有害物質も落とすこちらのクレンジング。

オイルなのにとろみあるテクスチャーなので、ゆらぎ肌でも刺激を感じにくい優しい肌あたりです。
より摩擦を防ぐなら、指を滑らせずに包み込むように馴染ませるとより優しくメイクオフができます。

洗顔は別に必要なのも理由の一つですが、98%が天然由来成分なので洗い上がりはこの中で一番の潤い感。

ほっこり&ほんのりスパイシーな精油の香りです。
個人的には有名なバランシングクレンジングオイルよりも断然つるんとしっとりするので、特に乾燥するこの時期おすすめです。

こんな方に:お肌がゆらぎやすい、皮膚が薄い、しっかりメイク

※ちなみに上記の3つはウォータープルーフメイクも落とせますが、より肌負担を軽減するならポイントメイクリムーバーを使用するのがおすすめです。

冬のクレンジング選びのご参考にしていただけると嬉しいです😊

Lei

41,629 views

現役美容部員&メイクアップアーティスト。 販売員としてカウンターに立ちながら、アーティストとしてイベントにてメイク実演・アドバイスを行なっています。...

プロフィール

関連記事一覧