元の唇の色素が濃い方の口紅選びについて!

How To

メイク&カラーコンサルタントのあやんぬです。

今回は、元の唇の色素が強い方の口紅選びについて*

口紅の仕上がりは

元の唇の色×口紅の発色

で決まります。

雑誌でときめいた口紅やリップも、実際につけてみるとなんだか濁ってしまうことも…!

元の唇の色素が濃い方が口紅を選ぶ際のポイントは

①肌色に合うものを選ぶ
②白っぽく仕上がる色or淡すぎる色のものを避ける

この2つです!

①肌色に合うものを選ぶ


▷基本的にイエローベースの方は黄みを感じる色、ブルーベースの方は青みを感じる色を使うと馴染みやすくなります☺

②淡すぎる色のものを避ける


▷「ミルキーピンク」「ベビーピンク」など、白っぽく仕上がる色や淡すぎる色の場合、元の唇の色が勝ってしまい、思うように発色しない可能性が高いです。(シアーな発色のものも同様)

また、口紅の色と元の唇の色が混ざり合ってケンカしてしまう可能性も出てくるので、避けたほうが◎

唇にコンシーラーを使うのも手ではありますが、白っぽく仕上がる色や淡すぎる色だと、少しでも色落ちした際に色が濁りやすくなってしまうので、できるだけ避けることをおすすめします。

口紅選びの参考になれば嬉しいです*

ちなみに、華やかに仕上げたいときの口紅は、元の唇の色を活かしつつ深みのある赤い口紅を使うと◎それは、深みのある赤い口紅だと、赤紫系の色をした色素の濃い唇とも上手く混ざり合ってイメージ通りに発色しやすいからです*

また、ナチュラルに仕上げたいとき(唇を主役にしたくないとき)は、マットなベージュ系の口紅がおすすめ。ベージュ系は、唇の赤みを中和してくれる効果があるので1本持っておくととても便利ですよ*

仕上がりは、シアーなベージュカラーや白っぽいベージュだと唇の色が強く出てしまい、隠しきれないので、マットなものがおすすめです。

※似合うベージュリップは各パーソナルカラーによって異なるので、また改めて記事にしたいと思います☺

参考になれば嬉しいです*

ayannu

180,642 views

メイク&カラーコンサルタント。 元百貨店BA。ブランドの枠にとらわれず、1人1人に本当に「似合うもの」を見つけ、魅力を引き出すサポートがしたいという...

プロフィール

関連記事一覧