唇がくすむ4つの原因とケアのポイント!

Original

メイク&カラーコンサルタントのあやんぬです*

今回の記事は、唇がくすんでしまう原因とケアのポイントについてです☺

●唇がくすんでしまう4つの原因●
唇のくすみに関してはよくイベントやレッスンでもご質問をいただくのですが、主な原因は大きく4つあります。

①乾燥
▷唇の角層は、顔の角層の3分の1と言われているほどとても薄く繊細です。
そのため、乾燥もしやすく透明感が失われてしまうことで唇がくすみやすくなってしまいます。

②血行不良
▷血行不良も唇をくすませてしまう原因の1つ。
先ほども少しお伝えしましたが、唇の角層は他と比べてもかなり薄いため、血の巡りも影響されやすい部分です。

たとえば、プールの後や冬場の寒い時期などなど…血の巡りが悪いと紫がかったようなくすんだ色になってしまった経験はありませんか?それは、血行不良が主な原因です。

慢性的に血の巡りが悪い方(冷え性の方など)は、特に血行不良によって唇がくすみやすくなってしますのです。

③日焼け
▷唇は、紫外線による日焼けのダメージをそのまま受けてしまいやすい部分。

そのため、日焼けの影響によっても唇がくすみやすくなります。

④摩擦などによる色素沈着
▷唇は日常的にも摩擦をかけやすい部分。

たとえば、唇の汚れを取り除くためにティッシュなどで強く擦ったり、リップメイクをクレンジングの際に過度な力で拭き取る行為などは唇に負担をかけて色素沈着を起こしやすくする原因となってしまいます。

(唇のフチだけ紫っぽい色みになっている場合も色素沈着の可能性が高いです。)

●唇のくすみを改善するケアのポイント●
ここからは、唇のくすみを改善するためのケアポイントをご紹介します*

①唇を保湿する
▷唇は乾燥しやすい部分ではあるものの、ターンオーバー(細胞が生まれ変わるスピード)も早いため、他の部位と比べても回復しやすいという特徴があります*

日頃から、リップクリームやパックなどを行い、きちんと保湿しておくことが大切です*
(ちなみにリップクリームは横に滑らせるよりも縦に塗った方がしっかりと保湿できます☺)

②唇の血行を促進させる
▷唇のくすみを改善させるための2つめのポイントは“からだを冷やさないこと”です。

普段から冷えが気になる方は、冷たい飲み物をできるだけ避けたり(氷を抜くor常温など)、湯船に浸ることを意識したり、からだを温めたり、冷え対策を行うことがポイントです。

唇を軽くマッサージするのもおすすめです*
(リップ美容液を塗ったうえからラップをあてて、唇の中央~外側に向かってくるくるとすべらせるだけでも◎)

③唇の紫外線対策を行う
▷唇を紫外線から守るためにも、1年を通して日中は紫外線対策のできるリップクリームや口紅を使用することが大切です*

④過度な摩擦をかけないよう意識する
▷唇の色素沈着を防ぐためにも、日頃から唇の汚れやメイクを落とす際は決して擦らず優しく行うようにすると◎

過度な力をかけないよう意識することがポイントです。

以上が、唇がくすむ原因とケアのポイントでした♡

唇のくすみが改善されると、口紅の発色もより良くなります*

唇がくすみやすい方は、ぜひ実践してみてくださいね☺

ayannu

137,062 views

メイク&カラーコンサルタント。 元百貨店BA。ブランドの枠にとらわれず、1人1人に本当に「似合うもの」を見つけ、魅力を引き出すサポートがしたいという...

プロフィール

関連記事一覧