ウインターなのにモノトーンシャドウが苦手な理由。

Original

カラー&コスメコンサルタントの渡辺樹里です。

今回は、よくいただく質問の中からピックアップ!

「真っ白真っ黒が似合うといわれるウインターなのに、モノトーンシャドウが似合わない」

にお答えします♡

考えられるのは大きく2つです。

①質感が似合っていない

②顔のタイプに似合っていない

まず①「質感が似合っていない」について。

特に黒。黒は色の中でも最も暗い色なので、やはり他の色よりも印象が重たくなります。
マットな黒をのせると、かなり重たい印象に…!

ディープウインター以外のウインターは、基本的にラメがあった方が似合いやすく得意です♡

(ディープウインターはラメありでも重厚なマットでもok♡)

黒が重たいな~と思ったら、まずはラメが入っている商品を選んでみてはいかがでしょうか。

それでも苦手!と思った方は②が理由かも。

先程も少し書きましたが、黒って色の中でも一番暗くて重い印象、そして都会的でクールな色です。

やはりこのようななかっこいい色は、クールできりっとした顔立ちの方に映える色♡

勘のいい方はお気づきのはず!

ここまでクールな色だと、顔のパーツが曲線寄り(キュート、フェミニンなど)の人にはちょっとクールすぎるかも…。(私渡辺もウインターですが、顔にクールさがないタイプなので、実は黒シャドウがかなり苦手。専らローズやパープル、グレージュです)

難しいシャドウは、パーソナルカラーだけではなくて顔のタイプも関わっている可能性大です♡
ぜひ使用する際はシアーなものを選んでみてはいかがでしょうか?

juri

47,082 views

juri age▷29 カラー&コスメコンサルタント。 コンプレックスの塊だった中学生の時にパーソナルカラーの存在を知り、コスメを中心に「似合う」研...

プロフィール

関連記事一覧